2016-11-23(Wed)

アフリカ6日目-5(喜望峰とケープポイント)

8月19日(金)


次にやって来たのはアフリカの最南端ー喜望峰ー





と思いきや、喜望峰は最南端ではないのだそうです。
この地を訪れた旅行者はおそらくこの事実はご存知だと思いますが…アフリカの最南端は喜望峰よりさらに160キロほど先にあるアグラス岬というところが最南端になるらしい〜



右が大西洋、左がインド洋
その両方が混ざり合うこの岬はとおい昔の大航海時代からこの風景なんですよねー

現地ガイド、ミセス シュゼットの話は興味深いものばかりで移動のバス中では退屈することなく過ごしているうちに喜望峰のカメラポイントに到着ー。
あーここー!!
見たことあるー!!
テレビの中で-
アフリカ旅行者のブログで-
ガイドブックで-





何もない場所に看板だけが立っているだけなのですが人気スポット!
英語とアフリカーンス語の看板ー
常にバスが止まり写真を撮るための行列ができています。
周りにはお店の一件も見当たりません。
でもケープタウンに来た人たちはみんなここを目指します。
私たちも行列に並んで写真撮影。


常に風が強く波が荒いです。
嵐の岬ーそんな名前がついたのもここにくれば納得できます。
遊歩道が設けられていて時間があれば上まで登ることができます。
きっとさらに素晴らしい景色が広がっているのでしょうー
が、今回時間がなくて上がれませんでした。



さささーと写真を撮った後は再びバスに乗り込み
旧灯台があるルックアウトポイント展望台へ。

途中ーダチョウがいました。
野生のダチョウ…こんな場所にいるのですね〜



牛の仲間のようですー




次に着いたのはケープポイントー。
灯台跡は綺麗に整備されケーブルカーで上がれるようになっています。



もちろん徒歩でも上がれるのですがほとんどの方がケーブルカーで上がり下りは遊歩道を徒歩で…というパターン。




下りケーブルカーは乗車可能なのですがあまりの絶景にもう少し見ていたい…と感じてしまうのですね。
3方が海に囲まれている壮大なこの地をしっかり自分の目に焼き付けておこうとみんな思いは同じー






観光客は主に白人が多いのですが黒人のファミリーも多く見かけました。
きっと裕福な黒人層なのでしょうねー。
iPadを持った子どもも見かけました。


ジンバブエやザンビアでも黒人ファミリーをたくさん見かけましたが主に南アフリカからが多いそう。南アフリカはアパルトヘイト廃止以降黒人たちの格差が広がっており一部に超裕福層の黒人たちがいるのでその人たちだと日本から一緒の添乗員Hさん。
日本のように一般家庭において観光旅行の習慣はないとのことー。
やはり日本は恵まれていますね。


灯台から下ってきたところにショップがあり絵葉書やTシャツやカップなどお土産品いろいろー。
記念スタンプを押すコーナーもありその場で絵葉書を書いている人もいました。
ケーブルカー乗り場のすぐそばにポストが〜!!

あー!
そのポストに入れないでー!!
届くかどうかわかんないよー!

添乗員Hさん〜(^^;;
確かに郵便ポストなんですが田舎のポストは回収が不定期で届かないこともあるそう…
ハガキはなるべく都会で出してくださいねー
とのことでした。
記念スタンプを押して大急ぎで絵葉書を書いていたメンバーもいてガッカリ…
私はゆっくり書きたかったのでヒルトンホテルのフロントに出しましたが帰宅後すぐに届きましたよ(^ ^)


次に目指すはケープタウンの観光コースには必ず組み込まれている植物園ー
2016-11-16(Wed)

奈良散策3

11月12日(土)おまけ


奈良町の素敵な町並みをテクテクー

今西家書院 ー
んー、なんだか古いお家を保存しているところらしく重要文化財ですー。
室町時代の書院造りをそのまま残しているとかなんとかかんとか…笑
すごく趣のある古きオシャレ感が溢れる建物でしたが見学有料ー(°▽°)
夕暮れ近くで開放時間も終わってました…





で、今西家書院を所有しておられる今西さんのお店ー春鹿酒造が隣接されています。



そちらもブラリと見学。
春鹿酒造は明治時代から続く造り酒屋。
ガラガラーっと横にひらく扉をあけて中に入るとぷーんとお酒の香りが〜
大きな梁と天井の高さが時代の歴史を物語ります。

なにやら行列ができている一角が…
なになに?!
見ると500円で5種類の利き酒ができるようです。
せっかくきたんだからねー!とさっそく申し込み順番を待ちます。
外国人、白人のご夫婦らしき年配カップルの姿も〜

順番が来て利き酒テーブルに案内されます。
20名くらいは座れる大テーブルも常に満席です。
1〜5まで番号札をつけているお酒、それぞれ種類や造り方の説明を聞きながら入れてもらいます。










へ〜
ふ〜ん
なるほど〜


わかったように納得しながら聞いていますがそのまますぐに忘れてしまい、あのー1番はなんでしたっけ?!と聞き返すことも…汗
そんな質問にも笑顔で繰り返し説明してくれました。
作り方によって熱を加えて(燗)飲むと美味しいもの、原料は同じなのに工程によってとても甘いもの、お米の分搗き(どの程度削っているか)による違い


お酒は生きものなので刻々と変化をする過程が聞いていてとても興味がわきました。


試飲に使ったお猪口はお土産として持ち帰ります。
種類が選べたのですが私はサクラ色にしました。
グラスの底に鹿がいますー




お土産に2本購入!





実はこのお店、奈良漬けも販売されていて燻製奈良漬が美味でした(^^)




奈良プチ旅行ー
目一杯楽しみました!!

2016-11-14(Mon)

奈良散策 2

11月12日(土)つづき

くるみの木をあとにずんずん歩いて奈良町辺りを目指します。
あつーあつーあつー
上天気過ぎて口から出てくる言葉はそんなことばかり(^^;
奈良町お散歩マップを手にどんどん進みます。
なるべく道路の日陰側を、なるべく細い道を、持ってる地図をくるくる回しながら。



あれ?!
もしやあれは?!
まさか?!






鹿だ〜!!




奈良なので当たり前に鹿があちこちにいます。

ここにも。



あそこにも。



こんなところにも。



置物ではありませんーホンモノですー




大仏池という大仏殿が望める撮影スポットではたくさんのカメラマンが〜
紅葉と相まって綺麗です




東大寺の大仏殿を通り浮御堂、興福寺の五重塔、猿沢池…



南大門



浮御堂



行楽日和でどこも観光客で大賑わい。
目指す奈良町は旧市街地の古い町並みを利用して町家カフェや体験型の工房やお土産店などが点在しているところーぶらぶらと一軒一軒見て回ると時間を忘れあっという間に夕暮れ時にー




まだまだ飽きることなくステキなショップを覗きながら駅の方面に向かいます。


あー楽しかった〜
でも疲れた〜

帰宅してからスマホのウォーキングアプリを見ると!18000歩も歩いてた〜
設定の600%って…(^^;
普段の目標どれだけ低いねん!と一人ツッコミ(笑)
楽しい一日を過ごしましたー(^ ^)



2016-11-13(Sun)

奈良散策

11月12日(土)

アフリカ旅行記少し休憩ー

すごーく寒い日が続いていて昨日までの気温を考え冬装束で出かけたらあつ〜(^^;;
汗かきました…
そんな快晴の一日ー奈良散策ー

奈良では知る人ぞ知る…くるみの木。
自然食カフェで有名なお店です。



オープンは11:30〜開店1時前にお店入り口に出されるボードに名前を記入するため10時過ぎに到着しました。 が、既に数組並んでボードが出るのを待っておられます。スゴイ人気の有名店なんだなぁ〜と改めてドキドキワクワク(^ ^)



10:30になりお店のスタッフがボードを持ってこられそれに名前を記入。その後、お店の周りを散策。
お庭を回ったカフェの裏手に待合室がありますー
その全てが絵本の中に出てきそうな素朴で気取らないそれでいてオシャレな素敵なお店です。




自然素材の洋服や雑貨を扱うお店が隣接されていてそこを見ているうちにあっという間に開店時間。
ステキな空間で流れる時間はゆったりしていそうなのに何故か早い〜
オープン時間11:30。ボードに書いた名前の順に呼ばれます。
案内された店内は白をベースにナチュラルで木の温もりが感じられる造り。まだ火は入っていませんでしたが薪ストーブも〜。日常のあれこれでとんがった心を柔らかに優しくしてくれる不思議な空間が広がっています。


『季節のランチ』を注文ー
週替わりで内容が変わるようですが本日のメニュー

むかごご飯
蓮根つくね
茄子の揚げ浸し
隼人瓜と大和真菜の胡桃和え
ほうれん草のサラダ
粕汁
柚子のゼリー


うーん
どれも美味しいー!!
ほんのりお塩が効いたむかごご飯ー。
粕汁は酒粕のブツブツが全く入っていなくて一見普通のお味噌汁のようですがお味はしっかり粕汁です。
メインのつくねは何種類もの野菜たちがゴロゴロ。

お料理の一つ一つの素材はしっかり自己主張しているのに全体がケンカすることなく一つにまとまっている…そんな印象を受けたお料理でした。

食後のコーヒーをいただいてごちそうさまー。
全部食べられるかな…の心配は無用だったみたい〜しっかり完食です。






表に出ると秋晴れー空が高いです。
さあて、奈良散策に出かけます〜
2016-11-11(Fri)

アフリカ6日目-4(ボルダースビーチ)

8月19日(金)

風の強いケープタウンですがテーブルマウンテンから降りてくるとその寒さもかなり和らぎホッとします(^^)
ここからバスで移動ー次に向かうのはアフリカペンギンの棲息地ボルダースビーチ。
向かうバスの道中から見える景色も広く雄大でこれもアフリカンですー
時にはこの沖合にクジラを見つけることができるのだそうですーこの日は発見できませんでした。



ボルダースビーチ到着ー
保護区になっているので海岸沿いは整備されており入り口で入場料を払うシステム



以前に比べてペンギンの数が激減しており今や絶滅危惧種とのこと。
ヨチヨチ歩くその姿は愛嬌いっぱいで訪れた観光客みんながかわいい〜❤️と目を細めます。
ここに住むペンギン達はケープペンギンと呼ばれる種類で他にアフリカペンギンとも鳴き声がロバに似ていることからジャッカスペンギンなどと呼ばれることもあるそうです。
タマゴやヒナが狙われやすいので人口の巣箱が番号をつけて設置されています。
ペンギン達の環境は年々悪化の一途ー人間による環境破壊や気候の変化などの理由からで絶滅危惧種に指定されるほど減ってしまったそうです。

ふわふわの綿毛にくるまれているのがヒナ。
季節によるようですがこの時もまだ毛並みがそろっていないヒナを何匹も見かけました。
ペンギンビーチは入り口から遊歩道が設置されていて
少し離れたところからペンギンたちを観察します。
決してなぜたり触ったりしてはいけません。
遠くから眺めるだけ〜ヨチヨチすぐ近くにやってくるのでついつい手を伸ばしそうになる気持ちを押さえつつペンギンたちにバイバイしました。




ペンギンたちを見た後、ヨットハーバーにあるレストランで昼食。
素敵な眺めの席に案内してもらえロブスターのランチ

このあたりの写真も無くしてしまってます...(>_<)
とってもおいしかったんですよー

駐車場からビーチに行くまでの通りにレストランやお土産物店があるのですがその一軒にルイボスとアロエの専門店がありました。
私はいつもここでお茶を買うんです!スーパーでも売ってるんだけどこちらの方が純度が高いです。日本からのガイドHさん。ご本人曰く、何度も数えられないくらいアフリカに来てると言われるHさんご自身が購入されるなら本物でしょう〜私たちもその店でお茶やアロエ製品を買ました。
Hさんは仕事に来てるから基本お土産は買わないんだけどね〜お友達にも頼まれている分も〜と結構たくさん購入。
その一つでこれも写真をなくしたためお見せできないのですがルイボスのシアバターを購入ー。
それがすごくしっとりしていて本当に使いやすい良品でした。超有名メーカー ロク◯タンのシアバターよりかなり安価なのに品質は引けを取りません(^ ^)
他にルイボスティも購入。アフリカでは買って帰りたいものにあまり出会えなかったのですがこちらの品々はとても気に入りました。
もっと買って帰りたかったなぁ〜
同じ品を扱う店が今日の夜に行くウォータフロントのショッピングセンター内にもありました。


道沿いでお土産店やレストランにやってくる観光客相手に黒人の若い人たちがなにやら歌を歌っています。
どうやらCDを売っている様子。アカペラで心地よい歌声なのですが現地ガイドのシュゼットが言うには歌詞がめちゃくちゃだそうです(笑)
彼らは自由気まま好き放題に歌ってるわー
そんな明るいビーチを後に次は喜望峰とケープポイントを目指します。

2016-11-04(Fri)

アフリカ6日目-3(テーブルマウンテン)

8月19日(金)

風が強くて寒いテーブルマウンテンの頂上ですが
とにかく景色が綺麗です。
眼下に広がる景色を眺めているとあっという間に雲がやってきて全てを覆い尽くします。
そしてしばらくすると嘘のように綺麗な晴れ間が広がるー
とそんな繰り返しが毎日毎日何十年何百年と続いています。








遠くには2010FIFAワールドカップスタジアムも見ることができます。



売店で絵葉書を3枚買いました



2016-11-03(Thu)

アフリカ6日目-2(テーブルマウンテン)

8月19日(金)

朝食後、おいしいものがたくさんで食べ過ぎて動けない〜!の気持ちを押さえてカメラと厚手の上着を持ってバスに乗り込みます。
まず向かうのはホテルから正面に見えているテーブルマウンテン。


今日のガイドを務めてくれるのはケープタウン生まれの白人 ミセス シュゼット。
学生の頃、日本に留学した経験がありとても日本語が上手です。
地震の影響で予定が延びたが来年には再び日本に旅行に行く、日本が大好きーと流暢な日本語で話してくれました。
テーブルマウンテンは文字通りそのてっぺんがスパッとナイフでカットされたように平らになっているところからその名がついたと言います。頂上に雲が掛かっていることがよくある風景でそれをテーブルクロスと呼ぶのだとかー。
今日も麓から眺める景色は厚い雲が掛かっていて不安が残ります。
ツアー仲間の一人は以前にケープタウンにきたことがあり、その時は上まで登れなかったと言っています。
ここケープタウンは気候条件が厳しく頂上に向かうロープーウエイ、年間の1/3は止まっているそう。
その上、観光地として大人気で少し時間が遅れると長蛇の列になり何時間も待たなくてはならないので急ぎましょうーとバスを降りてからも早足でロープーウエイ乗り場まで急ぎます。
また営業時間前でしたがすでにかなりの人たちが並んでおられました。
ヨーロッパ方面の方が多いようでしたが黒人の方もたくさんいました。

開業時間となりラッキーなことに問題なくロープーウエイは動いているようです。
クルクル回転するタイプのものでどの場所に乗り込んでも360度ケープタウンの景色を楽しめるようになっています。


5分ほどで頂上到着ー!!

風つよー寒みーー( ̄O ̄;)

ケープタウンの象徴でもあるテーブルマウンテンの上は下界とは気温差も10度近くあるそうです。
これから行かれる方は季節に関係なく暖かくしてお出かけすることをオススメします^_^

テーブルマウンテンの上は文字通りテーブルの上のように平地のな散策コースができています。
山小屋風の売店ではいろいろなおみやげ品が販売されていましたー。
売店では温かい飲み物やストーブも用意されていて僅かな時間の暖を取ります。



こんな厳しい環境下のテーブルマウンテン頂上付近にもたくさんの動物たちが暮らしているようです。
イワダヌキと呼ばれる小さなネズミのような動物たちが顔を出すこともあるとか…
みんなキョロキョロしながら歩きましたが残念ながら出会えず(>_<)

プロフィール

ともっち

Author:ともっち
気ままにあれこれ〜ペリドット

ペリドットは8月の誕生石

8月生まれの私が8月に思い立ってはじめた
はじめてのブログです。

拙い編集、内容ですがほそ〜くなが〜くをモットーに
がんばりたいと思います!

どうぞよろしくおねがいしますー(^^)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR